行政書士

なんといっても、国家資格の士業は、他の検定資格とは、一線を画します。
そりゃ、そうですよね。国が決めている資格ですし、その資格を持っていないとできない業務がありますから。

弁護士や税理士、会計士などは、そう簡単に取れる国家資格ではありません。
何年も勉強して、やっと手にれられるような資格。

そんな中で、比較的取りやすいと言われているが行政書士。

お役所などに届ける書類などを作成する仕事を行うわけですが、この資格を持っていると、各種書類を出すといったことの代行ができるようになります。

この資格を持って独立するってのもいいですが、これを持って、就職する方が、もっとおいしい。

だからこそ、30歳以上のあなたにとっては、大きな武器になる資格です。

少し長期スパンで考えてみる資格としては、ほんと、役立ちますよ。

定年を迎えた後、あるいは、いま、流行りの副業でも、大活躍する資格ですから、狙い目!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ