宅建(宅地建物取引士)

もう、言うまでもない宅建(宅地建物取引士)!

特に、今は、空き家対策や、相続問題、そして、民泊に利用するといったことで、物件売買は、ものすごく増えています。

2018年は10月に試験があります。

また、宅建の資格は、取得すれば更新はないので、一生涯使える資格です(※1)。

だからこそ、転職などでも有利。

履歴書にも、『宅地建物取引士(宅建)』と記載すれば、会社で採用担当している人であれば、誰もが知っている国家資格なので、それだけ努力する人だと認められるでしょう。

 

※1

宅建の資格そのものは、一生涯使えますが、実際に業務を行う場合は、宅地建物取引士証が必要になります。こちらは、5年の有効期限です。ただ、必要なときに取得すればいいので、ずっと更新しつづける必要はありません。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ